Loading

■AGAによる薄毛が進行していることに気づいた瞬間

30代前半の男です。自分の家系は父親も両親の祖父もハゲていないので、自分もてっきりハゲないものだと思い込んでいました。しかし、30歳の頃、お風呂上りにふと自分の頭皮がかなり露になっていることが分かりました。最初は気のせいかなと思ってそのまま放っていたのですが、その後バイクに乗る機会があり、ヘルメットを外した時の友人から浴びせられた「お前ハゲてきてない?」という質問で疑惑が確信に変わりました。そこから自分の薄毛との闘いがスタートすることになりました。

■そもそもAGAとは何?原因は?

今まで自分がハゲになるとも思っていなかったので、ハゲについて調べたこともなく、全く知識のない状態でした。慌ててインターネットで情報収集をしてみると、男が薄毛に悩む場合にはAGAという症状が原因となるということが分かりました。いろいろ難しそうなことが書いてあったのですが、分かったのは男性ホルモンが何らかの理由で体内で活発に動き出して、その男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合することによって、生み出されたDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるものが原因であるということでした。

■AGAのケア方法、対策

さらにAGAについての情報を調べていくと、AGAの症状は男性ホルモンの働きが活発になって生じるため、男性ホルモンの働きを抑えるような食事をするべきだと書いてありました。「なるほど!」と思いながら読み進めていくと、男性ホルモンの働きを抑える食材として大豆製品が紹介されていました。大豆製品には女性ホルモンと似たような働きをして男性ホルモンの働きを抑える物質があるということでした。大豆製品であれば簡単に食事に取り入れられる納豆を食べようと思い、その後は毎日夕食のおかずとして納豆を追加することにしました。ただ、1ヶ月ほど継続したのですが、結局薄毛が改善するどころかますます進んでいるような状態になりました。
その後に試したのはシャンプーを育毛効果があると言われているモンゴ流シャンプーというものに変更して、インターネットの情報に従って頭皮の血行を良くするマッサージを行うという対策です。ただ、しばらく続けてみて、結局のところ、いくら育毛シャンプーや頭皮マッサージといった対策を行ったところで育毛剤を使わないと効果が出ないという事実をインターネットで知りました。たしかに育毛シャンプーや頭皮マッサージで薄毛が改善したとはいいがたかったです。
そして、ついにこの段階で育毛剤の使用を決断しました。自分が使用した育毛剤はキャピキシルという成分を含んだDeeper3Dという育毛剤でした。このDeeper3Dという育毛剤についてはキャピシルという成分で男性ホルモンを抑制し、なおかつ成長因子という成分で髪の毛を育てる細胞の働きを強化するということが書かれていました。かなり評判の高い育毛剤のようでほとんどマイナスの書き込みが無かったということも決め手になりました。使い方としてはスポイトで育毛液を吸い上げてやり、それを薄毛が気になる部分に塗布するという方法を取る必要がありました。このスポイトで毎回吸い上げてやるという作業が少し面倒ではありましたが、1日2回朝と夜に我慢して使用を続けました。なお、夜についてはシャンプーをして頭皮マッサージをしてやった後に使うようにしていました。結局のところ、自分はこのDeeper3Dという育毛剤のおかげで一気にAGAの薄毛症状が改善しました。2か月ほどは抜け毛が止まったかなといった程度だったのですが、3か月を経過したころから髪の毛が増えたのを感じ始め、半年たったころにはほとんど元通りに戻っていました。これだけ劇的に回復したのは自分が育毛剤を使い始めたのがAGAの初期段階だったからかもしれません。AGAの症状に悩んでいる人にまずおすすめしたいのは色々自己流で対策を行わず素直に育毛剤を使ってみることです。その方が結果的に治療の近道になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top